体験フィッシングを楽しむためのマナー

体験フィッシングを楽しむためのマナー

自然と触れ合う機会を子供に与えたいという方の中には、一度は体験フィッシングをさせたいという方もいらっしゃると思います。

大海原や水しぶき、海風が吹きぬけ潮の香りなど、大自然を肌で感じる事が出来る海釣りです。力強く、カッコイイパパをアピール出来るのも魅力ではないでしょうか。
こちらでは、海釣りを快適に楽しむためのマナーについてご紹介いたします。

安全に海釣りを楽しむために

無我夢中で釣りを楽しんでいると、ついつい子供から目を離してしまう親御さんもいらっしゃいます。子供が海に落ちてしまう可能性もあるため注意が必要です。釣りは子供から大人まで楽しめる人気のアウトドアですが、人に怪我をさせる危険性もあります。ルアーや重りを海に投げ込む際には、後ろに人がいないか常に確認するようにしましょう。

釣った魚は大量に持ち帰らない

魚は、地球が私たち人間に与えてくれた大切な自然の恵みです。釣りは、魚がいるからこそ楽しめるレジャーの1つです。釣った魚を大量に持ち帰りたいという気持ちはあると思いますが、小さい魚を海に帰すのは最低限のルールです。

家族みんなが食べる分の魚以外は、しっかりと海に帰すように心がける事が大切です。

ゴミはしっかりと片付けよう

残念な事に、ペットボトルや餌の入ったパックやビニール袋、食べ残し、タバコの吸殻など、海にゴミを捨てていく人がいるのが現実です。

ビニール袋をクラゲと間違えてウミガメが食べてしまう事もあり、悪気がなくても、知らないうちに海の生物を殺してしまう可能性もあります。モラルの低下が問題となっている現代です。子供のお手本になるためにも、しっかりと釣りのマナーは守るようにしましょう。

愛知県知多郡南知多町にある当館では、体験フィッシングと船上で海鮮バーベキューが出来る、初心者にも安心の釣りべキューのオリジナル企画をご用意しています。子供から大人まで、手ぶらで体験釣りを楽しむ事が出来るのもおすすめポイントです。

宿では、地魚の素材を思う存分楽しむ事が出来る自慢の崎っぽ料理も提供していますので、愛知で家族旅行に体験フィッシングをお考えなら、是非当館に足を運んでください。