海釣りに必要な道具と特徴

海釣りに必要な道具と特徴

海釣りをする時にはたくさんの道具が必要になります。初めて釣りに挑戦する方は何を揃えればいいのかわからないものです。こちらでは、そんな海釣りに必要な道具と特徴について紹介しています。

竿とリール

船釣り用の竿とリールは、メーカーから多種多様に販売されています。竿はターゲットにより硬さや長さが変わってきます。
船釣りのリールは一般に両軸リールを使います。
水深によって糸の量が変わりリールの大きさも変わります。
深海用に電動リールも多種類あります。

道糸とハリス

リールに巻かれているのが道糸で、魚の居場所までエサを届ける役目を持っています。
一般的に使われている材料はPEラインで用途に合わせて太さを選ぶことが出来ます。
そして、道糸と針をつなぐ糸をハリスといい、道糸よりも細いため魚から見えにくくなりますし、エサの動きを自然に見せる事も出来ます。ハリスは細くて強いフロロカーボンの材料が主流となっています。

仕掛けとオモリ

釣りをする時には、針とオモリの使い分けが重要となってきます。魚の大きさや口の形状などはそれぞれ違うため、魚に合わせて色々な形の針が作られています。また、針は魚に接触する道具なので、変色したり錆びたりしているものは新しいものと交換しましょう。鉛で出来ているオモリは仕掛けを沈めたり、仕掛けが流されたりしないようにするためにつけます。オモリは形や大きさも様々で、米粒のように小さいものから大きいものまでたくさんの種類があります。

えさ

エサは活きエサと冷凍エサがあり、魚は雑食で同じ魚でも季節や場所により食べるものが変わってきます。
エサはターゲットにより選別は自由です。しかし従来の実績のあるエサを参考に選んだ方が無難です。

海釣りに挑戦してみたいという方は、まず体験フィッシングから始めてみてはいかがでしょうか。愛知県知多郡南知多町にある当館では、体験フィッシングを行っております。子供から大人まで、手ぶらで体験釣りを楽しむ事が出来るので、家族旅行で船釣りを楽しみたいという方にもおすすめです。体験フィッシングについて詳しく知りたいという方は、是非お気軽にお問い合わせください。